真面目な話とそうでもない話 II

前回のお話の続きですが、性欲モンスターの彼女は、パンティーの中に手を突っ込んだことでかなり興奮して、理性のスイッチが切れてしまったようです。
私はそのままベッドに押し倒されました。両手を抑えられると彼女の舌が無理やり口の中に入って来ます。ぼってりとした唇と柔らかい舌で、とろけるような感覚になりました。
何だかこのままキスをしていると、私の精気が吸い取られてしまいそうな感覚に陥ります。
この熟女は若者の精気を吸い取り、それをエロのパワーに変換しているのでしょうか?そんなことを思わせるようなキスでした。
そのままベッドルームに連れて行かれると、上半身を裸にさせられて、私のネクタイで両腕を縛られました。
最初は何かの冗談かなと思ったのですが、解こうとしてもなかなか解けません。男の力でも解けない程強く縛られた手は、もはやなす術なしの状態です。
これを良い事に、彼女は乳首を舐めてきました。
何も抵抗できなくなっている状態で乳首を舐められると、普段より数倍感じるようになります。
私は体をくねらせるしか抵抗の手段がなかったので、くねくねと妙な動きになってしまいました。

そんな状態がしばらく続くと、次は私の攻める番となりました。
私は彼女にネクタイで目隠しをすると、彼女の股を広げました。そうすると彼女の性器が丸見えになります。
人差し指でクリトリスをツンツンしてみると、「あう〜っ!あう〜っ!」と吠えるように声を上げました。
調子に乗って来ましたので、指を挿入しながらクンニすると、彼女は相当気持ちが良いようで、あっという間に果ててしまったのです。
私は放心状態になってしまった彼女を抱えあげると、シャワールームまでエスコートしました。

今度は浴槽での濃いプレイに移ります
まずは体を洗いっこします。石鹸をいっぱいつけて、彼女の美乳をマッサージします。
感じているのか、乳首はビンビンに立っており、思わず吸い付きたくなるほどでした。
大きなお尻も大変魅力的で、力を入れて鷲掴みにすると、ビクッと体が震えて感じているようでした。
だらしなく垂れ下がったお尻の肉は、逆に私を興奮させます。お尻の割れ目の間に股間を挟めると、ちょうど良い体制でしたので、そのまま本番のように腰を振りました。
パン!パン!パン!と本番宛らの音がして、本当に挿入しているかの感覚に陥ります。私はそのままイッてしまいました。
白い液体は彼女の太ももから滴り落ちています。

しかし彼女は、あまり満足していない様子です。
洗いっこを早々に切り上げて、今度はベッドの上でのプレイとなりました。
私は彼女にお尻を突き出させると、バックの体勢でクンニしてやりました。彼女は獣のように言葉にできないような奇声をあげて感じているようです。
最後は私の太い指を入れて、中をかき回します。
女性の性感帯は知り尽くしていましたので、彼女をイかせるのはそれほど時間はかかりませんでした。

郡山にはこんなにスケベな熟女がゴロゴロしていると思うと、何度も呼んでしまいそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です